日本橋・大手町・神田・東京・銀座エリアからすぐ!肩こり・腰痛にお悩みの方/カイロプラクティック・整体・マッサージなどを
お探しの方はぜひお越しください。東京メトロ「三越前駅」徒歩2分・「日本橋駅」徒歩8分・「神田駅」徒歩10分

home
施術のご案内
症状別
メニュー・料金
営業時間・アクセス
Q&A
スタッフ紹介
ブログ
ブログの最新記事

今年もありがとうございました@2013大晦日(12月31日)
こんにちは。つばさカイロの山添です。年内中にはブログを書かねばと思い、とうとう最終日の更新になってし
------------------------------

キャンペーンのお知らせ(06月24日)
お久しぶりです。つばさカイロの山添です。もうすぐ一年の半分が終わろうとしていますが、今年に入って三回
------------------------------

春ですね(03月11日)
お久しぶりです。つばさカイロの山添です。今日は昨日とは一転、冬に逆戻りですね。つばさカイロの前にある
------------------------------

新年(01月05日)
明けましておめでとうございます。早いものでもう5日になってしまいました。つばさカイロは昨日から営業を
------------------------------

夏のおもひで(08月31日)
今日で8月も最後ですね〜学生の頃だったら泣きながら宿題をやっていたところです・・・(ノ◇≦。) 皆さ
------------------------------

つばさカイロプラクティック

〒103-0022
東京都中央区日本橋室町1-13-8
ナカヤビル5F
TEL:03-6225-2922
FAX:03-6225-2922
MAIL:info@tsubasa-chiro.com
営業時間:平日 10:00〜20:00
       土曜 10:00〜13:00
定休日  :日曜・祝日
【アクセス】
東京メトロ銀座線・半蔵門線
『三越前』A6出口徒歩2分 

東京メトロ東西線・都営浅草線
『日本橋駅』B12出口徒歩8分

JR総武線快速
『新日本橋駅』A6出口徒歩2分
色の付いているところは定休日となります
 2018年       6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 2018年       7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
慢性の腰痛
【腰痛の原因】

慢性の腰痛はそのままにしておくと、いずれはぎっくり腰やヘルニアに至る事が多いので注意が必要です。
長時間座り続けたり、腰に負担のかかる姿勢でいる事は上半身の体重を腰の筋肉で支えることになり、腰の筋肉が常に緊張状態となります。その筋肉疲労が腰痛の原因となります。

このタイプの腰痛には大きく分けて2つのパターンがあります。
1つ目はデスクワークなど座りっぱなしで腰が痛くなる人と、2つ目は電車や立食パーティーなどで立ちっぱなしの状態が続くと腰が痛む人です。
中には両方という方もいますが・・・
1つ目のパターンはほとんどが姿勢の悪さと運動不足によるものです。
2つ目のパターンは腰が反りすぎている方に多いのですが、腹筋の筋力低下によるものです。
腹筋の中でも重要なのが「腹横筋」といわれるインナーマッスルの部分で、お腹をグッと引き上げるコルセットのような役割をしています。この筋肉が弱まると、お腹がポコンと突き出た状態になりやすく、結果的に腰に負担をかけることとなります。

【対策】

慢性的な腰痛の場合は筋肉疲労が原因で痛みを生じます。温かいお風呂に入ったりマッサージを受ける事で、血行が良くなり症状はだいぶ和らぎます。
しかし慢性の肩こり同様、筋肉疲労が起きてしまう根本的な原因を解決させなければなりません。
まずは、背骨と筋肉に染みついた体のクセを取り除き、正しい姿勢を身につけることから始めましょう。それと、ストレッチなどを含めた軽めの運動を日常の中に取り入れることも重要です。

【つばさカイロでの解決法】

腰を中心とした背骨全体と骨盤を調整し、腰にかかる負担を軽減するよう為の施術
  を行う。
筋肉のクセを取り除くソフトティッシュ(治療的マッサージ)を行う。
それぞれの生活習慣に合わせた、良い姿勢をとるアドバイス。
各患者さんの症状に合わせたストレッチと簡単な筋トレの提案。
 
ぎっくり腰(急性腰痛)
【症状】

海外では「魔女の一撃」とも言われることがあり、急激な痛みが特徴です。
下のものを拾った瞬間やくしゃみをした瞬間など、ちょっとした動作をきっかけに起きる事が多いですが、特にそういった覚えがなくても急激に腰が痛みだすこともあります。
ひどい場合は、起き上がることも寝がえりを打つことも困難となる場合があります。

【原因】

ぎっくり腰の痛みの原因は腰の関節や靭帯・椎間板が過度なストレスの為ねんざのような状態を起こし、その部分に炎症が起きて痛みを発生させます。
腰の背骨が不安定になるため、周りの筋肉が一気に収縮し痙攣(けいれん)のような状態になるので、更に痛みが増してしまいます。

ぎっくり腰は急激な痛みなので、いきなり腰痛になったと思われがちですが、根本の原因はもっと前からあったはずです。腰に負担をかけ続け、そのストレスに耐えきれなくなったときに起きるのがぎっくり腰です。
健康な腰であれば、くしゃみをしたり席を立ったぐらいでは決して痛むことはありません。
ぎっくり腰になるということは、ほんの少しのストレスにも耐えられないぐらい腰が弱っていたということです。

【対処法】

まずは患部を冷やして下さい。
湿布やコールドスプレーではなく、アイスノンや氷嚢(ひょうのう)を使います。なければ氷を水でサッと晒してビニールの袋に入れ、なるべく中の空気を抜いて固く縛ってください。ビニールによっては使用中に破れる事もあるので、袋を二重にすると良いでしょう。
☆冷やす手順☆
@仰向けでヒザを立てた状態で寝ます。
A一番痛い部分にアイスノンを当てます。 ※タオルなどは間に入れず、直かティッシュを
  一枚 はさむぐらいで直接肌に当ててください。
Bそのままの状態で10分間冷やして下さい。
C一度冷やしたら間を一時間ぐらい開けて、数回行ってください。
D冷やすことが有効な期間は痛み始めてから48時間ぐらいまでです。それ以降はあまり冷や
  さない方がよい場合もあります。

痛み始めたら、なるべく横になって過ごして下さい。
一番楽だと感じる体勢で寝るのが一番ですが、仰向けやうつ伏せを長時間続けていると痛みが増す場合が多いです。
一番のお勧めは横向きです。
左右どちらでもいいですが横を向いて、ヒザの間にクッションを挟むと楽になります。
仰向けの場合はヒザを立てるか、ふくらはぎの下に高めのクッションを入れてひざ下をあげておくと比較的楽に感じます。
ただ、どの寝方も長時間同じ体勢だと痛みが増してしまうので、少しずつ向きや寝方を変えてください。

座る場合は絶対にソファーと座イスは使わないでください。痛みが増して立ち上がれない場合があります。
イスの場合は背もたれがあるほうが楽です。なるべく後ろまで深く腰掛けて、背もたれに軽く上体を預けます。腰が丸まらないようにするのがコツです。
イスがない場合は正座が良いでしょう。
正座が辛い場合は、クッションの上に割座をして座ると比較的楽に座れるはずです。
座っている姿勢は、どんなに気をつけていても腰にとって大きな負担となります。
お仕事などでどうしても寝ていられない場合は、30分や1時間に一回は立ち上がって、軽く腰を動かしたり歩くなどして、腰の筋肉をストレッチさせましょう。

コルセットを使うと楽になります。
この場合、ウェストに巻くというよりは、骨盤を締め付けるように巻くと効果的です。
コルセットを巻くことによって、腹圧を高め腰にかかる負担を和らげてくれます。
ただし、コルセットはあくまでも筋肉の補助にすぎないので、痛みがおさまってきたらなるべく使わないようにしましょう。

【つばさカイロでの解決法】

状態に応じての施術。炎症がひどい場合は、収縮した筋肉を和らげる施術をメイン
  で行う。
腰以外の関節を施術。腰が痛んだ原因は腰だけではありません。二次的・三次的
  な要因になりうるところを見つけて、早期の治癒を目指します。
炎症を抑えるためのアイシング。
家や職場での対処法や過ごし方の指導とアドバイス。
ヘルニア(腰椎の椎間板ヘルニア)
【ヘルニアとは?】

ヘルニアの語源はラテン語の「飛び出る」という意味の言葉です。体の本来ある位置から飛び出てしまった状態を言います。
ここでは「腰椎の椎間板ヘルニア」についてご紹介しますが、ヘルニアと名の付く症状は頸椎(首の部分)のヘルニアや、足の付け根に腸が飛び出る「鼠径ヘルニア」や「横隔膜ヘルニア」などがあります。

【症状】

椎間板ヘルニアは名前の通り、椎間板(背骨の間に挟まっているクッションのようなもの)が飛び出てしまっている状態を言います。
ヘルニアによる痛みは椎間板が神経の通り道に飛び出てしまい、神経を圧迫することで初めて自覚症状が現れます。したがって、ヘルニアの状態になっていても、症状が出ていないので気付かない事もあります。
主な症状は、腰の痛みやお尻からつま先までのシビレ感です。ひどい場合だと下肢の運動障害や排尿障害もきたすことがあります。

【原因】

好発部位は腰の下の方です(L4/L5、L5/仙骨)

通常の場合腰の骨はお腹の側に反っているので、骨と骨の間に挟まれた椎間板は前方に押し出される力が掛っています。
しかし、背骨の前側には比較的強い靭帯があるので、椎間板が飛び出すことはほとんどありません。
一方、腰を丸めて座っていたり、中腰で無理な力を加えると、椎間板が後方に押し出される力が掛ってしまいます。
この状態が長く続くと、椎間板の中にある髄核(ずいかく)が飛び出てヘルニアの状態になってしまいます。

ぎっくり腰もヘルニアもほとんどの場合が座っているときの姿勢の悪さが原因で起きています。
特にぎっくり腰を何度も繰り返し起こしている人はヘルニアになってしまう確率が高くなります。

【一般的な治療法】

・牽引療法
 腰にベルトを巻き、重りで一定時間引っぱる方法。牽引することによって骨と骨の隙間を広げ
 る方法。
・ブロック注射
 神経ブロック注射はいくつかの種類がありますが、基本的には神経の通り道に薄い局所麻
 酔を注射する方法。
・手術
 飛び出てしまった椎間板を切除する方法。
・運動療法
 主には姿勢矯正。それと必要な筋肉の強化やストレッチなど。

【つばさカイロでの解決法】

当オフィスの目指すところは根本的な解決です。
牽引・ブロック注射・手術などの外科的な治療は一時的に楽にはなっても、根本的な「なぜヘルニアになったのか?」が解決していないので、完全な解決にはいたりません。
実際に当オフィスに来られている患者さんでも、ヘルニアの手術を2回受けてそれでもまたなってしまったという方がいらっしゃいます。
つばさカイロではヘルニアによる痛みを解消させるのはもちろんのこと、再発させないための予防にも力を入れます。

検査やお話を覗いながら、問題個所を探ります。
腰部だけにかかわらず、ヘルニアの部分に負担をかける部分をすべて調整していき
  ます。
筋肉のクセを取り除く施術を行います。

再発防止のための体操アドバイスをします。
それぞれの生活スタイルに合わせた腰に負担のかからない座り方をご提案します。
骨盤の歪み
骨盤の歪みを気にされる方は圧倒的に女性の方が多いです。
「骨盤ダイエット」や「骨盤を整えると肌がキレイに!」などといった、『骨盤矯正=美容』を謳っている書籍やサロンも最近よく見かけるので、そういった影響であろうと思いますが・・・

カイロプラクティックでも骨盤の矯正というのは大きな意味があります。
そして、骨盤を正しく調整することは、ダイエットだけではないたくさんの効果が望めます。
骨盤の正しい知識を知っていただき、「こんなメリットもあるんだ」ということも知ってもらいたいと思います。

【私の骨盤って歪んでる?】

「先生、わたし骨盤が歪んでると思うんです・・・」
このような相談はよく頂きます。
じつは、骨盤は程度の差はあってもほとんどの方が何かしらの歪みを持っています。
骨盤の歪む原因で圧倒的に多いのが、普段の姿勢習慣です。
例えば、足組み・横座り・どちらかの手にしか鞄を持たない・使っているパソコンが正面にない等といった、左右の歪みを生みやすい姿勢がクセであれば、必ずと言っていいほど骨盤に何らかの不具合が生じています。
左右の歪み以外でも、腰のあたりを丸めて座る人は骨盤が後傾し易く、逆に反り腰の人は前傾しやすい傾向があります。
まずは骨盤の仕組みを説明します。
骨盤は一つの骨ではなく左右に「寛骨」、真中に「仙骨」という骨が組み合わさってできたものです。
骨盤の関節は可動性があまり無い部分なのでズレるといってもミリ単位のものです。
ズレ自体は微々たるものでも、骨盤は体の土台になる部分ですので、その土台が少しでもズレてくると、当然上にある上半身のバランスは何倍もの歪みになりますし、下にある脚にも影響が出てきます。
建物でも土台が数度傾いただけで建っていられなくなるわけですから、人間の体でも同じことが言えます。
【骨盤の歪みがあると?】

では、骨盤が歪むと、体にどのような影響があるのでしょうか?

☆見た目の部分☆

・体が左右に歪みます。
  骨盤は体の土台なので、骨盤が右下に傾けばバランスを取るため肩は左が下がります。
  そうすることによって背骨全体が左右に弯曲していきます。
  左右のくびれ方が違ったり、スカートが良く回る人は要注意です。
・姿勢が悪くなります。
  骨盤は左右の歪みだけではなく、前後に対しても歪みます。
  お尻が垂れているように見えたり、お尻が大きく見えたりする原因でもあります。
・脚が歪みます。
  脚の骨は骨盤の「寛骨」という骨にくっついています。骨盤が歪むことによって当然脚への
  影響も出てきます。
  O脚・X脚の原因であったり、左右の脚の長さが違ったり、下半身だけが太くなる要因の一
  つです。
・余分な筋肉や脂肪が付きます。
  骨格が歪むとそれに付着する筋肉のバランスもおかしくなります。当然よく使う筋肉と使わ
  れなくなる筋肉ができてしまうので、片太りになってしまう事があります。

☆中身の部分☆

・代謝が悪くなります
  骨盤の歪みは腰椎を通る神経のバランスにも影響が出るため、内臓機能の低下やホルモ
  ンバランスの崩れをもたらします。そのため、代謝機能も悪くなります。
・冷え症やむくみ
  代謝が悪くなるということは、血液の流れも悪くなるということです。血流が悪くなれば当然
  冷えやむくみに繋がります。
・生理痛
  子宮は骨盤に吊られるような状態で収まっています。生理の時は子宮が収縮していくので
  すが、その時に骨盤が歪んでいたらどうなるでしょう?骨盤が歪んでいたら、その中にぶら
  下がっている子宮も歪んだまま収縮されることとなります。生理痛で激しいお腹の痛みが
  ある方は、骨盤を調整することで解決することもあります。
・胃腸不良・便秘
  骨盤は自律神経の中でも副交感神経の働きに大いに関係があります。自律神経には交 
  感神経と副交感神経があり、互いにバランスがとれていなければうまく機能しません。自
  律神経は主に生命活動に不可欠な内臓の働きをつかさどっている重要な神経ですので、
  骨盤の歪みによって神経伝達に悪影響を及ぼすと、内臓の機能にも影響が及びます。
・坐骨神経痛
  自律神経は足の先まで通る太い神経です。それは、骨盤を通って足先に延びています。
  骨盤が歪むことによって、神経の出口や周りの筋肉のバランスが崩れ、神経の通り道を圧
  迫することがあります。
・腰痛・肩こり
  骨盤が歪むと、それに合わせて背骨も歪みます。すると骨格に付着する筋肉も不自然に
  引っ張られるようになるので、常に筋肉が緊張している状態になります。
  コリは筋肉の緊張が続いて血行不良になった状態ですので、骨盤という土台が歪むだけ
  で肩や首にまで影響があります。

【骨盤の歪みチェック】

@足を組んで座る事が多い
A横座りをする
B立つとき片足に体重をかける事が多い
C荷物は常に同じ側の手で持つ
Dパソコンのディスプレイが正面にない
Eお尻のポケットに財布を入れる
F首が左右どちらかに曲がっている
G片方の靴がすり減る
Hスカートがどちらか一方に回ってしまう
I生理痛がひどい

この中で一つでも思い当たる事があれば、骨盤の歪みがある可能性があります。
生活習慣になっているクセは長い期間をかけて骨盤に歪みを与えていきます。
たった一つのクセでも歪みの原因となってしまいます。

【骨盤の歪みを改善させるには】

まずは、歪みチェックの@〜Eの姿勢習慣があれば、それをを改める事から始めて下さい。
これにより、新たな歪みや歪みの進行を止める事ができます。

次に自分自身の歪みがどうなっているのかを一度専門家に見てもらいましょう。
インターネットで検索するだけでも、歪みを治す体操など骨盤に関する情報がたくさんありますが、自分自身の状態がどうなっているか把握していなければ、どの体操をやれば良いかがわからないはずです。中には間違った方向に体操をしている場合もあります。
骨盤周りの筋肉エクササイズは有効な事ではありますが、それぞれに合ったエクササイズが選択できるようにしましょう。

一度歪んでしまった骨盤は姿勢習慣の改善やエクササイズだけでは残念ながら戻りません。
カイロプラクティックなどで骨盤とその周辺の筋肉を調整することが最も有効な方法です。

【つばさカイロでの解決法】

姿勢分析や動きのチェックをし、骨盤がどの方向に歪んでいるのかを3次元の方向
  からチェックします。
骨盤だけではなく、体全体の歪みを調整します。(体は一つながりですので、骨盤
  だけを調整しても根本の解決に至らない事が多いのです。
筋肉のクセを取り除く施術をします。
歪みに応じたストレッチの指導をします。
日常生活で気を付ける事をアドバイスします。
  
COPYRIGHT(C)2009つばさカイロプラクティック ALL RIGHTS RESERVED.