日本橋・大手町・神田・東京・銀座エリアからすぐ!肩こり・腰痛にお悩みの方/カイロプラクティック・整体・マッサージなどを
お探しの方はぜひお越しください。東京メトロ「三越前駅」徒歩2分・「日本橋駅」徒歩8分・「神田駅」徒歩10分

home
施術のご案内
症状別
メニュー・料金
営業時間・アクセス
Q&A
スタッフ紹介
ブログ
ブログの最新記事

今年もありがとうございました@2013大晦日(12月31日)
こんにちは。つばさカイロの山添です。年内中にはブログを書かねばと思い、とうとう最終日の更新になってし
------------------------------

キャンペーンのお知らせ(06月24日)
お久しぶりです。つばさカイロの山添です。もうすぐ一年の半分が終わろうとしていますが、今年に入って三回
------------------------------

春ですね(03月11日)
お久しぶりです。つばさカイロの山添です。今日は昨日とは一転、冬に逆戻りですね。つばさカイロの前にある
------------------------------

新年(01月05日)
明けましておめでとうございます。早いものでもう5日になってしまいました。つばさカイロは昨日から営業を
------------------------------

夏のおもひで(08月31日)
今日で8月も最後ですね〜学生の頃だったら泣きながら宿題をやっていたところです・・・(ノ◇≦。) 皆さ
------------------------------

つばさカイロプラクティック

〒103-0022
東京都中央区日本橋室町1-13-8
ナカヤビル5F
TEL:03-6225-2922
FAX:03-6225-2922
MAIL:info@tsubasa-chiro.com
営業時間:平日 10:00〜20:00
       土曜 10:00〜13:00
定休日  :日曜・祝日
【アクセス】
東京メトロ銀座線・半蔵門線
『三越前』A6出口徒歩2分 

東京メトロ東西線・都営浅草線
『日本橋駅』B12出口徒歩8分

JR総武線快速
『新日本橋駅』A6出口徒歩2分
色の付いているところは定休日となります
 2018年       1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 2018年       2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

 慢性の肩こり 

【コリの原因】

女性の約95%、男性の75%は肩こりに悩んでいるといわれます。
肩こりの直接の原因は「筋肉のコリ」です。
筋肉を適度に動かすことにより、筋肉の中に張りめぐらされている毛細血管を通る血液は循環しています。
血液が正常に流れていれば必要な酸素や栄養素は筋肉に届けられ、代謝によって生じた老廃物は血液に戻されます。
しかし、同じ姿勢を取り続けたり、姿勢の悪さなどで肩の筋肉に必要以上の負荷をかけ続けると、筋肉がずっと緊張した状態になり血液の循環が鈍くなってしまいます。
それにより、筋肉に栄養分が行き届かず、逆に老廃物が溜まってしまいます。これがコリの原因です。

マッサージなどで筋肉を揉みほぐしたり、お風呂に入って肩を温めると楽に感じるのは、血行が良くなってコリの状態から解放されるからです。
ただ、肩こりを本当に良くするためには真の原因を解決しなければなりません。

【心臓疾患による肩こり痛】

心臓疾患(狭心症や心筋梗塞)の前兆としても、左の首から肩・腕に重だるいような痛みを感じる場合があります。
ただし、ずっと痛みが続くというよりは、30分ぐらいで痛みが引くというのを繰り返します。
特に、運動をしたり激しく体を動かすと、その症状がひどくなるようであれば注意が必要です。
これらに当てはまる肩の痛さであれば、まずは循環器系の医療機関で検査される事をお勧めします。

【真の原因】

マッサージに通っていてもその時は気持ちいけれど、翌日にはいつも通りのカチカチな肩になってしまって・・・。
これを読んでいる方はそのようなお悩みを抱えていると思います。
それは、コリを作ってしまう真の原因を解決できていないからです。
パソコン業務を想像していただくとわかりやすいと思いますが、日常の生活ではたいてい肩と背中を丸めて、顔を前に突き出した姿勢で何時間もいる事が多いはずです。
その姿勢を続けることは、首の後ろから肩・背中にかけての筋肉を常に緊張させているのです。

【コリを解消させるには】

まずは体に負担をかけない姿勢を取る事です。
ただ、長年体に染みついた体のクセはなかなか取り除くことができないので、まずは骨格のゆがみを取る事から始めましょう。
そして、良い姿勢を保つコツを覚えて、実践することです。
日々の生活の中で、首や肩周りの筋肉を柔軟に保つためのストレッチを取り入れることも重要なことです。

【つばさカイロでの解決法】

詳しいお話を覗いながら、真の原因を見極めます。
必要な部分を矯正し、筋肉のクセを取り除く治療的マッサージを行います。
それぞれの生活習慣にあった姿勢改善のコツをアドバイスします。
オフィスや家でも簡単にできるストレッチをお教えします。
 

 四十肩・五十肩 

正式名称は「肩関節周囲炎」と呼ばれるものです。多くは40代・50代の頃に起こりやすいためそのような名前になっています。したがって、30代でも四十肩になる可能性は十分にあります。

【症状】

吊皮を持とうとしたり、手をある一定のところまで上げようとするとズキンッという痛みが起こります。後ろに手を回すことも困難となります。
左右どちらでもなる可能性はあり、同時に起きる事はあまりないですが、どちらかがなると数年後に逆側も発症することが多いです。

【原因】

なぜこのような症状が起きるかは解明されていませんが、原因の一つとして考えられるのは肩関節のバランスが悪くなってしまうことです。
肩の関節は鎖骨・肩甲骨・上腕骨という3つの骨が繋がっている部分です。
この関節は他の関節に比べ大きく動かせる構造になっています。そのため作りも複雑で、さまざまな動きに対応できるように筋肉や靭帯がたくさん付いています。
この症状は猫背気味の人、あまり肩を動かす運動をせずデスクワークが多い人に多く見られます。
姿勢が悪いまま長い期間過ごしていると、肩関節のバランスがずれてきます。それに引っ張られるように付着している筋肉・靭帯もクセづいて負担のかかる部分だけ疲弊し、炎症が起きてしまうのです。

【対策】

炎症を起こしている部分にはアイシングが基本ですが、四十肩の場合は逆に温めたほうが効果的な事が多いようです。
ずっと温めるというよりは、お風呂に入った後などは積極的に肩を動かすストレッチをしてください。(無理のない程度に)
むしろ、お風呂上がりに冷たい風に当たったり、肩に直接クーラーが当たるなどの「冷え」は痛みが余計に悪化する恐れがあるので気を付けてください。
肩関節のズレは肩だけに原因があるわけではありません。体はすべて一つながりですので、体全体のバランスを整える必要があります。
それに、この症状は1、2回の施術で一気に解決する事は難しいので、定期的に通われることをお勧めします。

【予防】

日ごろから肩周りのストレッチをこまめに行ってください。
それと毎朝でも、腕をまっすぐにのばした状態で真横からと前から真上に上げて、耳に腕がつくように確認をしてください。
両腕を同時に行い左右の差を確かめてみるのもよいでしょう。
これが、耳に腕がつかなかったり、左右の動き方にだいぶ違いがあるようでしたら専門の治療院にご相談いただくことをお勧めいたします。
もちろん当オフィスでも予防のお役に立ちます。

【つばさカイロでの解決法】


肩関節の状態も含め、全身の骨格・筋肉のバランスを整えます。
肩関節とその周辺筋肉の動きを取り戻す施術を行います。
生活習慣から起因する原因を分析して、改善方法をアドバイスいたします。
家でも簡単にできる四十肩専用のストレッチをお教えします。
 

 スポーツで痛めた肩 

肩を痛めやすいスポーツは、野球・テニス・バレーボール・柔道等があります。
スポーツなどで急に痛めた場合は、取り合えず氷やアイスノンなどでアイシングをし、安静にしてみても痛みがなくならない場合はまず整形外科でレントゲンを撮る事をお勧めします。
※カイロプラクティックは骨折・脱臼の治療が禁じられています。
レントゲンの結果、骨折や脱臼がなかった場合はご相談ください。
スポーツで痛めた肩の障害はそれぞれパターンが違うので、ここでは代表的なスポーツ障害を紹介いたします。

【よく起こるスポーツ障害・肩】
・インピンジメント症候群
肩に付着する腱や関節内にある滑液胞(関節の動きを滑らかにするもの)が、肩を酷使することにより炎症が起きている状態です。
肩以上に腕を上げると痛みが生じ、夜間痛を訴える事もあります。

・腱板断裂

肩甲骨から上腕骨に付着する4つの筋肉の腱を総称したものが「腱板」です。そこが断裂した状態。
症状としては肩を上げる際の痛みと運動障害です。

・リトルリーグ肩
名前の通り、11歳ぐらいの少年野球選手に多いです。投球による上腕骨近位骨端線の疲労骨折。
レントゲンでわかる事が多いです。

・ベネット病変
肩を酷使し続けて肩甲骨の下部分に骨棘(こつきょく)ができてしまう状態。
投球フォームではワインドアップ時・加速期・フォロースルー時に肩の後ろから上腕にかけて痛みが生じます。テニスのサーブ、バレーのスパイク時にも起こります。

・SLAP病変(肩関節窩上関節唇複合損傷)
上腕骨と肩甲骨の関節は肩甲骨の受け皿に上腕骨のボールのような部分が嵌るような形をしています。上腕骨にある上腕二頭筋(力こぶの筋肉)は肩甲骨の受け皿の部分に繋がっていますが、そこの部分が損傷を受けた状態です。
投球フォームでは、ボールを離す前後に痛みを生じます。テニスのサーブ、バレーのスパイク時にも起こります。

【つばさカイロでの解決法】

その症状に至った原因を詳しくお伺いし、それぞれに合わせた検査を行います。
カイロプラクティックの範囲内で施術できる箇所を矯正していきます。
体全体のバランスを整え、故障しにくい体づくりを行います。


※スポーツ障害の場合は他の症状に比べ、よりパーソナルなケアが必要となります。
  場合によっては、他の専門機関への受診をお勧めする場合もございます。
 
    
COPYRIGHT(C)2009つばさカイロプラクティック ALL RIGHTS RESERVED.